タグ付きコンテンツ: D5 SSD

フィルター条件:


  • 2 年以内
  • 1 年以内
  • 6 カ月以内
  • 1 カ月以内
  • クライアント
  • データセンター
  • インフォグラフィック
  • カスタマーストーリー
  • ビデオ
  • テクニカル概要
  • ホワイトペーパー
  • システムインサイト
  • システムインサイト
  • Solution Brief
  • Workload Brief
  • Partner Article
  • Solidigm Newsroom
  • Podcast
  • ホワイトペーパー
  • インフォグラフィック
  • カスタマーストーリー
  • テクニカル概要
  • ビデオ
  • システムインサイト
  • Product insights
article.teaserImageAltText

コンピュテーショナル・ストレージの未来とは

Learn how the future of data storage includes Computational Storage, which will create a better ecosystem as the market and technologies move forward.

article.teaserImageAltText

SATA から NVMe への移行

データストレージに対するニーズの急増が SATA から NVMe への移行を加速。この移行によって、パフォーマンスの向上と総保有コスト (TCO) の削減を実現する方法を説明します。移行するべきタイミング

article.teaserImageAltText

ソリダイム、Storage Review による円周率 100 兆桁計算の世界最速記録をサポート

Storage Review が円周率 100 兆桁をわずか 54 日間で計算しました。これは Google Cloud が 2022年に達成した世界記録の 3 分の 1 の時間です。ここでは、この偉業にソリダイムの QLC SSD がどのように貢献しているかを説明します。

article.teaserImageAltText

ソリダイム™ D5-P5336 SSD (61.44TB) のレビュー評価

新しいソリダイム™ D5-P5336 のベンチマーク・テストにおけるパフォーマンスとあわせて、この画期的な 60TB 容量の SSD がいかにして次のデータセンター・ストレージ・ソリューションとなっていくかを解説します。

article.teaserImageAltText

クラウドストレージ高速化レイヤー (CSAL) のライト・シェーピング

クラウドストレージ高速化レイヤー (CSAL) でホストサイドのフラッシュ変換レイヤー (FTL) を使用し書き込みワークロードをシーケンシャル・ライトのワークロードに変換することで、いかに高密度 NAND フラッシュメディアの価値を最大限に引き出すか、その方法を説明します。

article.teaserImageAltText

CSAL ベースのリファレンス・ストレージ・プラットフォーム

ソリダイムがインテル、StarWind をはじめ、業界パートナーとストレージ・パフォーマンス開発キット (SPDK) コミュニティーとの協業により開発した、総保有コスト (TCO) を抑えながらも同等のパフォーマンスを維持できる CSAL リファレンス・ストレージ・プラットフォームについて、その開発の経緯に触れて詳しく説明します。

article.teaserImageAltText

エッジ環境に最適な最先端のストレージ

Gestalt IT の Stephen Foskett 氏が、ソリダイム™ D5-P5430 にスポットライトを当て、エッジ環境に最先端のソリッドステート・ドライブを導入する価値について解説しています。

article.teaserImageAltText

VAST Data、価格を重視したソリダイムの SSD 製品を活用して、可能性を変革しストレージを再定義

顧客が求めているのは、高速でありながらもコストを抑えたソリューションです。ストレージに関して言うと、残念ながら従来のソリューションを選ばざるを得ない現状がありました。多くの場合、さまざまなデータやアプリケーションごとに速度と効率性の要件を満たすには、複数のストレージシステムを選択しなければならず、これはビジネスで何を重視するかによって異なります。

article.teaserImageAltText

ソリダイム™ D5-P5336 製品概要

D5-P5336 は、ソリダイムの第 4 世代 QLC SSD の一部として、リード処理に最適化されたパフォーマンスと、リード処理やデータ負荷の高いワークロードに高い価値をもたらす、業界をリード処理に最適なパフォーマンスと、業界をリード処理中心のワークロードに合わせた高容量 61.44TB、データ負荷の高いワークロードをブレンドします。

article.teaserImageAltText

SSD の可能性を最大限に引き出す Solidigm Synergy™ ソフトウェア

Learn how you can unlock your SSD’s full potential with Solidigm Synergy software with a deep dive into features and benefits with Ace Stryker.

article.teaserImageAltText

ソリダイム™ D5-P5430 製品概要: リード性能が重視されるメインストリームのワークロード

データは急速なペースで増え続け、データセンターとストレージの拡張性の限界が試されています。AI、マシンラーニング (ML)、コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、オブジェクト・ベースのストレージ、データ分析といったデータ負荷が高い最近のワークロードやユースケースでは、膨大な量のデータを効率的に格納して、高速にアクセスできなければなりません。こうした要件は、これまで常に、

article.teaserImageAltText

ソリダイムと SuperMicro の対談: 密度の倍増

現在導入されている幅広いワークロードにより、最適なデータストレージオプションを選択するのは困難を要します。多くのストレージアーキテクトは、最悪のシナリオ向けにインフラストラクチャを設計しています。一方、今日のワークロードは変化しており、メインストリームのアプリケーションは、ますますデータ重視の傾向にあります。

article.teaserImageAltText

​​高密度 SSD によるデータセンターの効率向上

ワークロードがリード中心になりデータ負荷が高まるにつれて、エンタープライズ・データセンターのお客様にとって課題は増え続けています。 しかし 1 つ確実に言えるのは、データセンターとデータセンターを支えている基盤となるストレージ・

article.teaserImageAltText

パフォーマンス概要

世界は今、膨大な量のデータを作り出して消費する無限の力を持っているかのようです。このデータの氾濫は、ストレージのニーズを根本的に変え、読み込み重視のワークロードの急増にともない、平均的な SSD の耐久性レベルは着々と低下しています。

article.teaserImageAltText

Inonet

InoNet が Solidigm ストレージを使用してテストドライブ結果の期間、コスト、精度を向上させた方法 自動車業界は、車両全体の安全性と効率性を向上させるために、先進運転支援システム (ADAS) と自動運転 (AD) 機能に多額の投資を続けています。ドライバーを保護し、事故を減らすために新しい高度な機能を市場に投入する前に、それらが確実に動作することを確認するために徹底的に検査およびテストする必要があります。ここで InoNet が介入します。

article.teaserImageAltText

大規模な非構造化データセット向けの大容量、高速、強力な QLC SSD

データプールを数ペタバイト単位で拡張したいとしても、非構造化データセットを処理できる高速 PCIe SSD 製品の選択肢は限られています。ソリダイムには、データセンターを運用するお客様の要件に合った最適なソリューションを提供するための、

article.teaserImageAltText

ストレージ・テック・フィールド・デイ

業界をリードする製品およびテクノロジー・ポートフォリオにより、ソリダイムはデータストレージに関する独自の視点を持っています。当社のなりたちと、高密度SSDによって効率的なストレージを推進するビジョンをまとめた概要をご覧ください。具体的に、どのようにソリダイムの

article.teaserImageAltText

目的を持って構築

従来の 4 つの指標に基づくストレージ性能ベンチマークでは、最近のクラウドやエンタープライズ・ワークロードにおける I/O の大部分が正確に表わされているとは言えません。ソリダイムのドライブは、世代を追うごとにイノベーションと改良を繰り返し、

article.teaserImageAltText

実環境のワークロードに合わせて最適化されたソリダイムの SSD 製品

従来の 4 コーナーのストレージ・パフォーマンス・ベンチマークは、現代のクラウドとエンタープライズ・ワークロード IO の大部分を正確に表していません。当社のドライブは、世代間の革新と改善に基づいて構築されており、より代表的な書き込み圧力、

article.teaserImageAltText

Baidu ABC Storage: Redefining Object Storage

NAVER Cloud がインテルと提携し、ネットワーク仮想化ソリューションの迅速な開発および市場投入を目指します。

article.teaserImageAltText

SSD と HDD: 最適なソリューションは?

既存のシステムで SSD と HDD どちらに投資するべきか迷っているのではないでしょうか。ガイドを読んで、お客様環境に最適な選択肢を見つけてください。

article.teaserImageAltText

Finanz Informatic Technologies Service (FI-TS) が実現する分散型ストレージ・プラットフォーム

金融サービスを提供する企業は、ソフトウェア・デファインドの分散型ストレージを使用することで、どのように総保有コストを削減できるか、その方法を詳しく説明します。

article.teaserImageAltText

DUG Technology: エクサスケールのフラッシュ・ストレージ

DUG Technology は、ハードディスク・ドライブからインテル® Optane™ テクノロジーを実装するペタバイトのフラッシュ・ストレージに切り替えました。この切り替えによって実際にどのようなメリットがもたらされたか説明します。

article.teaserImageAltText

Kingsoft Cloud がデジタル・トランスフォーメーションを加速

インテルは、Kingsoft Cloud が企業のデジタル・トランスフォーメーションを加速するハイブリッド・クラウド・ストレージ製品を生み出せるよう支えています。詳しくはこちらです。