共有

公開 January 23, 2024

著者 Solidigm Team

記事

ソリダイム™ SSDを搭載した「堅牢な」エッジサーバーが過酷な環境に対応

Storage Review』に掲載されたジョーダン・ラナス氏による記事の要約

エッジ・ストレージが、さまざまな業界やユースケースで重要度を増すにつれて、現場で生成されるデータをこれまで以上に堅牢な方法で収集できる手段と堅牢なストレージ・コンテナが必要とされています。 エッジで収集されたすべてのデータは、安全に保存される必要があるだけでなく、これらが使用されるユースケースで必要とされるときにはアクセスできなければなりません。しかし、収集したいデータが非常に過酷な環境で生成されている場合はどうでしょうか? Dell PowerEdge XR7620とソリダイムSSDが、答えになるかもしれません。 

Dell PowerEdge XR7620 with Solidigm SSDs for extreme condition data collection at the edge.
Dell PowerEdge XR7620 with Solidigm SSDs for extreme condition data collection at the edge.

Storage Review』の著者であるジョーダン・ラナス氏は最近、XR7620エッジサーバーのレビューを掲載しました。ソリダイムD5-P5336 SSDを搭載した、堅牢な輸送用コンテナに収納されたエッジサーバーであり、過酷な条件下でのデータ収集向けに構築されています。これらのSSDは現在、U.2とE1.Lから選択でき、間もなくE3.Sもリリースされる予定です。D5-P5336の容量は、今回のテストに使用した7.68TBのほか、15.36TB、30.72TB、61.44TBがあります。

Dell PowerEdgeは、信頼性を犠牲にすることなく過酷な環境条件に耐えるように作られており、過酷なエッジ環境における信頼性を重視している『Storage Review』は、4台のソリダイムPCIe SSDに対してテストを実施しました。

このレビューの対象となるワークロードには、非常に過酷な環境でエッジ・ノードを必要とする以下の産業が含まれています。

  • 機械アグリゲーションのデジタル製造
  • 仮想デスクトップ・インフラストラクチャー (VDI)
  • 人工知能 (AI)の推論
  • 運用テクノロジーと情報技術 (OT/IT) の翻訳
  • 産業用オートメーション
  • リモートオフィス、ブランチ・オフィス (ROBO) のエッジ
  • 倉庫運用
  • ポイント・オブ・セール(pos)のアグリゲーション
  • 在庫管理
  • ロボティクス
  • エネルギー探査および採掘企業
  • 電気通信

詳細については、『Storage Review』のジョーダン・ラナス氏によるDell PowerEdgeレビュー記事の全文をご覧ください。

“Ruggedized” Edge Server Uses Solidigm™ SSDs to Handle Extreme Conditions