関連情報

NAVER Cloud がネットワーク・パフォーマンスを加速

ネットワーク仮想ソリューションの迅速な開発、立ち上げを目指し、NAVER Cloud はインテルと提携しました。

概要
  • NAVER Cloud は、韓国の大手インターネット・ポータルおよび検索エンジン、NAVER のクラウド・サービス・プロバイダー (CSP) である。NAVER NAVER Cloud は、主に Financial Cloud Zone を始めとしたクラウド・インスタンスのサービスを提供します。
  • NAVER Cloud は、インテルと協力してネットワークパフォーマンスの課題を克服し、インテル® FPGA を搭載した SmartNIC を導入することで、同社はネットワーク機能を最大限に活用し、インフラストラクチャーへの投資からの収益を向上させることができました。 NAVER Cloud は、韓国の大手インターネット・ポータルおよび検索エンジンである NAVER の子会社で、クラウド・サービス・プロバイダー (CSP) です。 NAVER Cloud は、主に Financial Cloud Zone  などのクラウド・コンピューティング・サービスや、様々なクラウドインスタンスを提供しています。NAVER Cloud は、同社のネットワークパフォーマンスに関する課題を解決するためにインテルと協力し、 インテル® フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ (FPGA) を使用したネットワーク仮想化ソリューションを市場に先駆けて提供しました。 課題 韓国の金融証券・先物市場にサービスを提供するため、NAVER Cloud はパブリック・クラウド・サービスのポートフォリオに加えて Financial Cloud Zone を提供しています。しかし、 NAVER Cloud は、顧客により効果的にサービスを提供するために、ネットワーク・パフォーマンスの問題を解決する必要がありました。 ソリューション NAVER Cloud とインテルは共同で、高度にカスタマイズが可能なインテル® FPGA 搭載のSmartNICを使用して、NAVER Cloud のネットワーク・パフォーマンスを加速させました。この SmartNIC は、高スループット、低レイテンシー、高帯域幅のアプリケーションの稼働を実現します。NAVER Cloud の仮想プライベートクラウド (VPC) ネットワークの設計では、SmartNIC を使用することで、NAVER Cloud の従来のネットワーク・スイッチと比較して、レイテンシーが重視されるワークロードへの対応を向上させることができました。 結果 SmartNIC ソリューションにより、パケット転送帯域幅は最大 25 倍、レイテンシーは最大 2.5 倍改善されました。NAVER Cloud は FPGA で加速されたネットワーキングを提供することで、クラウド・コンピューティング・サービスの分野において新たな革新的な力を発揮し、世界のビジネスのやり方を変えることができる最先端テクノロジーをいち早く採用していることを証明しています。 クラウドサービスには超高速ネットワークが必要 仮想スイッチング、セキュリティー、ストレージなどのインフラストラクチャー・サービスは、特に高いパフォーマンスのしきい値では、かなりの数の CPU サイクルを消費し、収益を得るサービスに利用できるコア数が減少します。また、ネットワーク・トラフィックの増加に伴い、レイテンシーを低減させることがクラウド企業にとって大きな課題となっています。これは、トレーダーが一瞬のうちに取引を行う必要がある金融サービスの分野では特に顕著で、わずかな遅延でも取引に影響を及ぼす可能性があります。 インテル® FPGA でネットワークを高速化 NAVER Cloud はインテルと協力してネットワーク・パフォーマンスの課題を克服しました。インテル® FPGA 搭載の SmartNIC は、NAVER Cloud のような CSP がネットワーク機能を最大限に活用し、インフラへストラクチャーへの投資から収益を改善するのに役立ちます。SmartNIC は、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを向上させるために CPU コアを解放することで、インフラストラクチャー・サービスを高速化します。 NAVER Cloud のソリューションを具体的に言うと、インテル® Arria® 10 FPGA を搭載した SmartNIC を使用しています。また、インテル® Arria® 10 FPGA は前世代と比較して消費電力が最大 40% 削減されています。インテル® Arria® 10 FPGA はプログラム可能なため、NAVER Cloud のビジネスニーズの変化に応じて FPGA を再プログラムすることができます。 FPGA の使用を検討し始めたとき、NAVER Cloud は FPGA の経験を持つ現地のエンジニアが少ないことに気づきました。インテルは、パケットフローのデバッグ支援、NAVER のエンジニアの FPGA プログラミングのトレーニング、ソリューションをタイムリーに市場に投入するための概念実証の迅速なセットアップ支援など、重要なエンジニアリングサポートを提供しました。

NAVER Cloud とインテルのコラボレーションの精神は、プロジェクトの成功に不可欠でした。

Kyungsu Shin

NAVER Cloud Corporation 主任エンジニア

半分以下の時間で 25 倍のスループットを実現

NAVER Cloud のテストによると、インテル® FPGA をネットワークに追加することで、小容量 (128バイト) のパケットで 1 秒当たりのパケット数 (PPS) が最大 25 倍に増加しました。1 またこのソリューションにより、レイテンシーは最大2.5倍に短縮されました。つまり、以前までパケットが1ミリ秒 (ms) で到着していたのであれば、0.5 ms 以下で到着するようになったということです。さらに、1 台のサーバーが処理できるデータ・トラフィック量が10 〜 40GBから100 〜 200GBに増加しました1 1 台あたりのトラフィック量が増加すると、10 〜 20 台のサーバーにトラフィックを分散させる必要なく、サーバーは信頼性の高いサービスと応答時間を提供できるようになります。そのため、少ないサーバーでより多くのトラフィックを処理することができ、コストや電力の削減につながります。NAVER Cloud のサービスは SmartNIC とインテル® FPGA を搭載しており、新規顧客獲得のための差別化商品となっています。Financial Cloud Zone で SmartNIC とインテル® FPGA が使用され始めて以来、このソリューションは、NAVER 独自のハイブリッド・クラウドである Neurocloud と NAVER Cloud のプライベート VPC ゾーンでも使用されています。

NAVER Cloud では、ネットワークの仮想化にインテル® FPGA を使用したことで得られた素晴らしい成果をもとに、仮想化されたコンピューティング・サービスへの使用を検討する予定です。また、仮想化された FPGA 環境を提供し、ユーザーが求める機能やサービスを設計・構築することで、エンジニアを育成する製品を検討しています。NAVER Cloud は、このような製品があれば、教育機関で FPGA プログラミングを教えることを容易になり、参入障壁が低くなると期待しています。

ソリューションの構成
NAVER Corp. と NAVER Cloud の紹介

NAVER Corporation は、韓国の城南市に本社を構え、検索エンジン NAVER を運営しています。その子会社である NAVER Cloud は、パブリック・クラウド・サービスを含む NAVER の主要サービスの IT インフラストラクチャーを管理しています。1999年に設立された NAVER は、韓国最大のポータル事業者です。NAVER は、オンライン Q&A プラットフォーム Knowledge iN の構築を通じて、ユーザー生成コンテンツの利用における初期のパイオニアとしての地位を確立しており、第 2 世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー やインテル® FPGA などのイノベーションをいち早く採用しています。

NAVER クラウドのカスタマーサポート・センターは 24 時間 365 日稼働し、ユーザーの問題に迅速かつ正確に対応しており、通常の応答時間は 5 時間以内です。NAVER Cloud は クラウドセキュリティアライアンス (CSA) の STAR (Security, Trust and Assurance Registry) ゴールド認証、さらに健康情報セキュリティーの国際標準認証を取得しています。

PDFをダウンロードする