PC ストレージをアップグレードしますか?ソリダイム670p ドライブの競合製品との比較

ホワイトペーパー: メモリーとストレージ NAND ベースのソリッドステート

ベンチマークテストでは、ソリダイム670p が実際のワークロードで高性能を示しています。

最新のソリッドステート・ドライブ (SSD) が、従来のハードディスク・ドライブ (HDD) よりも高いパフォーマンスと信頼性を提供することは間違いありません。SSD は性能面で大きな優位性を持ち、技術の成熟に伴い普及が進んでいます。 この成熟により、SSDの製品、価格帯、性能のポイントが数多く競合するようになり、性能と価格の適切なバランスを見つけることが難しくなっています。 ソリダイムはインテルから NAND メモリーとストレージ・テクノロジーを買収し、現在 ソリダイム670p を生産しています。¹ SSD と HDD の競合メーカーの製品との比較テストにおいて、ソリダイムは、ソリダイム670p が、最大 2TB の容量で、魅力的な価格と性能のバランスを提供していることを確認しました。

NAND テクノロジーは、SSD の集積度と耐久性を高めながら、コストを削減します。

可動部品のない純粋な電子機器である SSD は、HDD よりも耐久性において優れていることが実証されています。 HDD が依存する物理的に回転するディスクと動作する読み取り/書き込みヘッドは、最終的には劣化して機能しなくなります。HDD がデータ読み取り中か書き込み中にかかわらず、これらのパーツが消耗すると、データエラーが出始めるようになり、最終的にドライブが使用不能になります。 また、HDD は振動や衝撃で破損することもあります。 例えば、HDD を搭載したノートブック PC が落下した場合、ディスクと読み取り/書き込みヘッドが正しく配置されなくなったり、読み取り/書き込みヘッドが回転ディスクと接触したりして、回転ディスク本体破損やデータ消失を引き起こすことがあります。 SSD は、可動部品が含まれていないため、ハードドライブと同じ物理的な制約に悩まされることはありません。 前述の事例のようにノートブック PC が落下しても、SSD には回転プラッターやドライブヘッドがないため、破損する可能性は低くなります。

 

 

NAND フラッシュメモリーのデータ保存方法

SSD には、1970年代に遡る長い開発の歴史がありますが、最近の SSD の進歩は、NAND フラッシュメモリーに重点が置かれました。 従来の HDD と同様に、NAND フラッシュメモリーは、デバイスの電源が切れてもデータを保持する不揮発性ストレージ技術です。 NAND フラッシュメモリーは、セルと呼ばれるメモリ単位に分割されています。 初期の NAND ベースの SSD は、シングルレベルのセルフラッシュ・メモリー、または SLC テクノロジーを使用していました。 このタイプの NAND には、セルあたり 1 ビットが含まれ、高速な読み取り / 書き込みパフォーマンスと高い信頼性を特徴としています。 高容量の SSD はその後マルチレベルセル (MLC) フラッシュメモリーに移行し、セルあたりのメモリー容量は 2 ビットに倍増されました。 MLC フラッシュメモリーは、1990年代後半と 2000年代初頭に初めて実証されました。 メーカーは複数のセルスタックができるようにプロセスを改良し、セル密度を高めて容量の増加につなげました。 メーカーは、シングルセルで保持可能なデータの量を増加することで、NAND フラッシュメモリー容量を拡大し続けました。 現在の SSD の多くは、各メーカーが 2010 年代初頭に販売を開始したトリプルレベルセル (TLC) フラッシュメモリーを搭載しています。 TLC フラッシュメモリーは、セルあたり 3 ビットを提供します。 新しいクアッドレベルセル (QLC) フラッシュメモリーは、セルあたり 4 ビットにメモリーストレージを増加し、TLC NAND よりもセルあたりのビット量を 33% 向上させています。 これらの改善されたフラッシュメモリーの利点は、メモリー密度が増加したことで SSD 全体の容量が増加し、ギガバイトあたりのコストが削減されたことです。

性能と耐久性のバランス

SLC と比較して、セルあたりの格納ビット数が増加したさまざまな NAND テクノロジーは異なるパフォーマンス特性を持っています。 セルあたりのビットの数が増加するにつれ、セルへのデータの書き込み時間も増加しています。 TLC NAND フラッシュメモリーで構成された SSD は、各セルに 3 ビットの情報を書き込みますが、QLC NAND ベースの SSD は、1 セルに 4 ビットを書き込む必要があります。 TLC は各セルに書き込むビット数が少ないため、一般に QLC NAND よりも、TLC NAND へのデータ書き込み速度の方が高速です。 SSD はいずれは性能が低下しますが、これはデータを保存するセルにはプログラム/消去 (P/E) サイクルの数による制限があるためです。 P/E サイクルは、データをセルに書き込むときに発生します。 各セルの電荷保持性能は P/E サイクルのしきい値に達するたびに失われ、最終的にセルは使用できなくなります。 さらに、セルあたりのビット数の増加によってデータの書き込み回数も増えています。 P/E サイクルのしきい値は、SLC と MLC でより高く、TLC と QLC でより低くなります。 QLC NAND ベースの SSD では、より多くのセルに P/E サイクルの摩耗を分散することで、セル劣化の解決に寄与します。 QLC NAND ベースの SSD はストレージ容量が大きいため、より多くのセルに P/E サイクルを分散できます。 P/E サイクルはいずれはセルを劣化させますが、読み取りサイクルではセルは劣化しません。 各セルからのデータを読み取るだけではセルは劣化しないため、QLC NAND ベースの SSD は、読み書きが混在する実世界のワークロードでは最適な選択と言えます。

ソリダイム670p ドライブ: 実環境のワークロード向けの魅力的な価値
ソリダイム670p ドライブは、144 層インテル® QLC 3D NAND テクノロジーを使用し、実際のコンピューティング環境に高いメモリー密度とパフォーマンスを提供します。

512GB、1TB、および 2TB の容量から選択可能な ソリダイム670p ドライブは、NVME Express (NVMe) インターフェイス搭載の PCIe 3.0 x4 向けに設計された M.2 2280 シングルサイド・フォームファクターで提供されています。 このフォームファクターとインターフェイスは、ほとんどのモバイル・プラットフォームおよびデスクトップ・プラットフォームでメーカーに広く採用されているため、ソリダイム670p ドライブは幅広いデバイスと互換性があります。 ソリダイム670p ドライブは、高レベルの書き込み耐久性を提供し、混合ワークロード環境で要求される信頼性に応えるよう設計されています。 書き込み耐久性は、SSD の推定耐用期間中に 512GB あたり書き込み可能な容量をテラバイト (TBW) で測定しています。 例えば、512GB ソリダイム670p の TBW 評価は 185 ですが、これは耐用期間中にドライブに 185TB の書き込みが可能なことを意味します。 つまり、ドライブの 5 年間の保証期間中、一般的な家庭やオフィス環境の多くのユーザーによるデータの書き込み量を大幅に上回る、毎日 100GB 以上のデータの書き込みが可能なことを意味します。 TBW は、ドライブ容量の増加に伴い増加します。 1TB ソリダイム670p の TBW は 370、2TB ソリダイム670p の TBW は 740 です。

ダイナミック SLC キャッシュによって性能が向上します。

QLC フラッシュメモリーは、SLC フラッシュメモリー・セルの 4 倍のデータが QLC フラッシュメモリー・セルに書き込まれるという点で、SLC フラッシュメモリーとは異なります。 各セルに書き込まれるデータが増えるとより時間がかかるため、SLC フラッシュメモリーは QLC よりも高速になります。 ソリダイム670p ドライブは、SLC のようなダイナミック・キャッシュに QLC フラッシュメモリーを使用することで性能を向上しています。 このメモリーは SLC フラッシュメモリーを模しており、各 QLC セルには 4 ビットではなく 1 ビットしか格納されないため、パフォーマンスを向上し、より高い応答性の優れたエンドユーザー体験を提供するのに役立ちます。 表 1 に示すように、各 SSD には、ダイナミック SLC キャッシュに加えて、一定量の静的 SLC キャッシュが含まれます。新しいドライブにはフルキャッシュサイズが含まれる一方、ほとんど定量に近いドライブのキャッシュサイズは静的キャッシュサイズ以下にはなりません。 改良されたダイナミック SLC キャッシュは、静的 SLC キャッシュとは異なり、ダイナミック・キャッシュ専用のメモリの量は可変です。 SSD により多くのデータが書き込まれると、ダイナミック・キャッシュのメモリ量を調整し、追加データに対応します。データが削除されると、ダイナミック・キャッシュは元のサイズに拡張できます。

Intel SSD 670p Drive
[表 1. 512GB、1TB、2TB ソリダイム670p ドライブの固定およびダイナミック SLC キャッシュサイズ]

キャッシュの改良と QLC パフォーマンスの向上を組み合わせることで、前世代のインテル SSD 660p よりも、シーケンシャル・アクセスのパフォーマンスが向上しています。 ソリダイムSSD 670p は、インテル® SSD660p の 1,800MB/s と比較して最大 3,500メガバイト/秒(MB/s) の読み取り帯域幅、および 1,800MB/s と比較して 2,700MB/s までの書き込み帯域幅を提供します。²

Intel SSD 670p Drive

[図2. Intel SSD660p ドライブと比較したソリダイム 670p の読み取りおよび書き込みパフォーマンス²]

消費者向けワークロードに合わせた調整
ソリダイム670p ドライブは、低キュー深度 (QD) に調整されており、ゲームや生産性などの消費者ワークロードに最適です。

QD は、ワークロードが生成する未処理のストレージアクセスの数を指します。 アプリケーションやオペレーティング・システムがデータの読み取りや書き込みを必要とする場合、SSD は要求されたデータをアプリケーションやオペレーティング・システムに返したり、データをメモリに書き込んだりします。 一般に、ほとんどの消費者向けアプリケーションは、4 以下の低 QD を生成します。 さらに、ほとんどの実環境のワークロードは、主にランダム読み取りを生成します。これは、アプリケーションが、多くの場合 SSD にデータを書き込むよりも、SSD からデータを読み取りしていることを意味します。ソリダイム670p ドライブは、低 QD と、SSD のワークロードの大部分を構成するランダム読み取り操作を組み合わせた、これらの一般的な PC 使用モデル向けに調整されています。

パフォーマンステスト
ソリダイムは最近、いくつかの価格重視の SSD とコンシューマー・ノート PC 向け HDD の性能ベンチマーク比較を実施しました。

QLC や TLC を含むさまざまな NAND テクノロジーを使用した SSD をテストし、HDD は、1 分あたり 7,200rpm で回転する標準的なドライブをテストしています。 パフォーマンステストでは、業界標準のベンチマークツールと手法を使用しています。

テストの構成と方法
ソリダイムのエンジニアは、一連のベンチマーク・テストを実行し、PCMark 10 バージョン 2.1.2523.64、CrystalDiskMark 8、ファイナル・ファンタジー XIV: 暁月のフィナーレ・ベンチマーク、BAPCo MobileMark 2018 バージョン 1.0.2.46 など、さまざまな種類の一般的なワークロードをシミュレーションしました。

エンジニアは、Adobe Photoshop、Adobe Lightroom、Adobe Premiere Pro、Microsoft Word for Microsoft 365、Microsoft Excel for Microsoft 365、Microsoft PowerPoint for Microsoft 365 などの主要なオフィス向け生産性ツールとメディアツールのアプリケーションおよびファイルの読み込み時間も測定しました。最後に、ソリダイムのエンジニアが、バッテリーの寿命持続テストを実行しました。

ソリダイムSSD 670p のテスト結果
[表 2. ソリダイム性能ベンチマークに使用されるドライブ]

ドライブのテストに使用した 2 台のノートブックの仕様:

システム: ASUS Vivobook

プロセッサー: インテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー

メモリー: 8GB

グラフィックス: インテル® HD グラフィックス 6000

オペレーティング・システム: Windows 11、ビルド 22000.194、最新のアップデート

1 台はパフォーマンスベンチマークテストに使用され、もう 1 台はアプリケーションの起動とバッテリー寿命テストに使用されました。

バッテリー性能とバッテリーの消耗テストを除き、各ベンチマークは 3 回実行され、結果の中央値と平均が計算され、各結果の ±5% の分散が決定されました。 最終的な結果は、3 つのベンチマーク結果の中央値です。

ベンチマークを実行する前に、ソリダイムのエンジニアは、Iometer、シングルおよびマルチスレッドのCinebench R20、シングルおよびマルチスレッドの Cinebench R23 を使用してノートブック PC を調整しました。

ベンチマークテスト結果

次のセクションでは、各ベンチマークテスト、アプリケーションの起動と負荷テスト、およびバッテリー寿命テストの性能結果について説明します。

 

PCMark 10 性能ベンチマーク

PCMark10 は、さまざまな PC システムコンポーネントを使用するベンチマークのフルパッケージソフトを提供します。 ドライブのパフォーマンスをテストするために、ソリダイムのエンジニアは、2 種類の PCMark ストレージ・ベンチマーク、PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークと PCMark フルシステムドライブのベンチマークを実行しました。 これらのベンチマークは、一般的なアプリケーションとタスクからの実環境のトレースを使用します。 PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークは、PCMark フルシステムドライブのベンチマークに似ていますが、小規模な一連の実環境のトレースを使用した短いテストです。 ベンチマークでは、Microsoft Excel、Adobe Illustrator、および Adobe Photoshop を使用したさまざまな種類のファイルコピー操作に重点が置かれています。 PCMark フルシステムドライブのベンチマークと同様に、PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークは、帯域幅と平均アクセス時間のスコアから計算されたスコアを生成します。³

ソリダイムSSD 670p のテスト結果

[図 3. PCMark 10 Quick System Drive のベンチマーク結果]

PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークは、PCMark フルシステムドライブのベンチマークに似ていますが、小規模な一連の実環境のトレースを使用した短いテストです。 ベンチマークでは、Microsoft Excel、Adobe Illustrator、および Adobe Photoshop を使用したさまざまな種類のファイルコピー操作に重点が置かれています。 PCMark フルシステムドライブのベンチマークと同様に、PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークは、帯域幅と平均アクセス時間のスコアから計算されたスコアを生成します。³

Intel SSD 670p Drive

[図 4. PCMark 10 Full System Drive のベンチマーク結果]

PCMark クイックシステム・ドライブ・ベンチマークのスコアは、ソリダイム670p が他の SSD と HDD を上回ったことを示しています。

ソリダイム670p は、Western Digital WD_Black SN750 SE SSD より 76%、Samsung 980 SSD より 3%、Crucial MX500 SSD より 231% 優れた性能を発揮しました。 ソリダイム670p の性能は、Seagate BarraCuda HDD を大きく上回り、その差は 1,715% でした。 PCMark フルシステムドライブのベンチマークは、SSD と HDD の性能を完全に評価できる幅広い実環境のトレースを提供します。 このベンチマークは、最も一般的である SATA や PCIe インターフェース全体を測定するように設計されています。測定対象には 23 種類の一般的なアプリケーションとタスクトレースが含まれ、Windows の起動、各種ファイルのコピー、Adobe や Microsoft Office の各種アプリケーションの使用などに対応しています。 このベンチマークは、帯域幅と平均アクセス時間のスコアから算出されたスコアを生成します。⁴

CrystalDiskMark 8 パフォーマンス・ベンチマーク
Intel SSD 670p Drive

[図 5 CrystalDiskMark 8 SEQ1M Q1T1 ベンチマークの結果]

ソリダイム670p は、CrystalDiskMark ベンチマークで、他のすべてのドライブを大幅に上回りました。

SEQ1M Q1T1 MB/s テストでの ソリダイム670p の結果:

• Western Digital SSD と比較して 47% 高速

• Samsung SSD と比較して 64% 高速

• Crucial SSD と比較して 550% 高速

さらに、ソリダイム670p のパフォーマンスは Seagate HDD と比較して 1,369% 高速でした。

ソリダイムSSD 670p のテスト結果

[図 6. CrystalDiskMark RND4K ベンチマーク結果]

 

RND4K Q1T1 MB/s および IOPS テストで、ソリダイム670p は 82 MB/s と 20,032 IOPS という結果を残しています:

• Western Digital SSD と比較して 52% 高速

• Samsung SSD と比較して 24% 高速

• Crucial SSD と比較して 161% 高速

• Seagate HDD と比較して 13,583% 高速

RND4K の平均遅延ベンチマークテストで、ソリダイム670p が示したのは:

Western Digital SSD と比較して 34% レイテンシーが低下

Samsung SSD と比較して 19% レイテンシーが低下

• Crucial SSD と比較して 61% レイテンシーが低下

Seagate HDD と比較して 99% レイテンシーが低下

 

ファイナルファンタジー XIV:エンドウォーカー公式性能ベンチマーク

ファイナル・ファンタジー XIV: 暁月のフィナーレ公式ベンチマークは、コンピューター上でファイナル・ファンタジー XIV: 暁月のフィナーレがどれほど快適に動作するかを測定するように設計されていますが、全体的なシステム・パフォーマンスの確認と比較にも役立ちます。 このソフトウェアは、ゲームのマップとプレイ可能なキャラクターを使用して、PC のパフォーマンス・スコアと平均フレームレートを算出します。 ソリダイムのエンジニアは、このベンチマークでアプリケーションの読み込み時間も測定しました。

Final Fantasy XIV: Endwalker official benchmark results]

[図 7.ファイナルファンタジー XIV: 暁月のフィナーレ公式ベンチマーク結果]

ソリダイム670p は、他の SSD と比較で 1.1% から約 18%、HDD との比較で 112% 速い速度でベンチマークをロードしました。

総合スコアでは、ソリダイム670p によって ASUS Vivobook は Samsung SSD や Seagate HDD の構成よりも 4% 近くから 5% 近く高いパフォーマンスを発揮することが確認されました。

BAPCo MobileMark 2018 パフォーマンスとバッテリー寿命のベンチマーク

MobileMark 2018 は、モバイルデバイスのパフォーマンスとバッテリー持続時間を測定するように設計されています。 このソフトウェアは、生産性、創造性、Web ブラウジング、バッテリー寿命を含む複数のシナリオに対してベンチマークテストを提供します: • 生産性シナリオは、ワード処理、スプレッドシートのデータ操作、電子メールの作成と管理、ソフトウェア開発、プレゼンテーションの編集、アプリケーションのインストール、ファイルアーカイブなどの生産性を向上するアプリケーションの使用をシミュレーションします。 • 創造性シナリオは、デジタル写真の作成、編集、人工知能 (AI) を使用したカタログ作成、およびデジタルビデオ編集をモデル化します。 • ウェブ・ブラウジング・シナリオは、ウェブサイトとフルスクリーンのローカルビデオ再生の読み込みおよび移動をシミュレーションします。 MobileMark 2018 のテスト完了後、ソフトウェアはバッテリー寿命評価、個別のシナリオ評価、性能全体の適格性確認評価を生成します: • MobileMark 2018 は、バッテリーが完全に充電した状態から完全に放電された状態までのバッテリー継続時間を分単位で計測し、バッテリー寿命を算出します。 • MobileMarkは、3 つのシナリオそれぞれで、テストシステム上のシナリオタスクに対する応答時間の合計を出し、それを MobileMark 2018 キャリブレーション・システムの同じデータと比較します。⁶ 校正システムの合計をテストシステムの合計で割った後、1,000 を掛けます。 算出結果を最も近い整数に四捨五入します。

• MobileMark は、シナリオの評価を使用して性能適格性評価を算出します。この評価では、全シナリオの評価を幾何平均して、最も近い整数に四捨五入します。

MobileMark 2018 performance ratings

[図 8. MobileMark 2018 のパフォーマンス適格性、生産性、および創造性の評価]

この結果を総括すると、ソリダイム670p は他の SSD よりも高い性能を備えており、HDD の性能を大幅に上回ることが確認されました。

ソリダイム670p は ASUS Vivobook の性能適格性評価をグループのほぼトップに近づけ、Western Digital SSD の評価との差はわずか 3% でした。 創造性シナリオ評価では、ソリダイムSSD は Crucial SSD と同等のパフォーマンスを発揮し、その他の SSD と HDD のパフォーマンスをそれぞれ 0.14 ~ 14% 上回りました。

 MobileMark 2018 web browsing and battery life ratings

[図 9 MobileMark 2018 Web ブラウジングとバッテリー寿命の評価]

アプリケーションの起動とファイルのロード時間
ソリダイムのエンジニアは、一般的な生産性アプリケーションの起動と、サンプルファイルの読み込みにかかる時間を測定しました。

このプロセスには、各アプリケーションに関連するサンプルファイルを右クリックし、メニューから「開く」を選択することが含まれます。 アプリケーションには、Adobe Photoshop、Adobe Lightroom、Adobe Premiere Pro、Word for Microsoft 365、Excel for Microsoft 365、PowerPoint for Microsoft 365 が含まれています。

Figure 10 Adobe Photoshop Lightroom Premiere Pro

[図 10 Adobe Photoshop、Adobe Lightroom、およびAdobe Premier Pro の起動とファイルロードテストの結果]

ソリダイム670p は、Adobe アプリケーションとサンプルファイルの読み込みに関して、ほぼすべてのその他の SSD と HDD を上回るパフォーマンスを発揮しました。

Adobe Photoshop のテストでは、ソリダイム670p は、すべての SSD を 4~15%、HDD を 238% 上回りました。 Adobe Lightroom のテストでは、ソリダイム670p は他の SSD と同等の性能でしたが、HDD を 71% 上回りました。 Adobe Premiere Pro のテストでは、ソリダイム670p は他の SSD と同等の性能でしたが、HDD を 274% 上回りました。

Application launch times for Microsoft Word Excel PowerPoint 365

[図 11. Microsoft Word for Microsoft 365、Microsoft Excel for Microsoft 365、Microsoft PowerPoint for Microsoft 365 のアプリケーションの起動とファイル読み込み時間]

ソリダイム670p は、Microsoft Office 365 アプリケーションとサンプルファイルの読み込みテストで、他の SSD と比べても遜色ない性能を発揮し、常に HDD を上回りました。

Microsoft 365 Word のテストで、ソリダイム670p の性能は、Crucial SSD を 23%、Seagate HDD を 321% 上回りました。 Microsoft 365 Excel のテストで、ソリダイム670p の性能は、Western Digital SSD と同等で、Crucial SSD を 10%、Seagate HDD を 472% 上回りました。 Microsoft 365 PowerPoint のテストで、ソリダイム670p の性能は、すべてのSSD を 12~45%、Seagate HDD を 534% 上回りました。 バッテリー駆動時間テストでは、ソリダイムのエンジニアが高解像度の動画ファイルの再生を始めてからバッテリーが切れ、ノートブック PC の電源が切れるまでの時間を分単位で計測しました。 このテストにおける ソリダイム670p を搭載した PC のバッテリー駆動時間は、Western Digital SSD と Seagate HDD を 100分間上回り、Samsung と Crucial の SSD と同等でした。

670P Battery rundown test results

[図 12 バッテリー駆動時間テストの結果]

ソリダイム670p は、信頼、実環境でのパフォーマンス、および価値を提供します
ソリダイム670p は、ソリダイムQLC 3D NAND を活用し、一般的な家庭のワークロードとオフィスのワークロードに、信頼性、パフォーマンス、価値を提供します。

QLC 3D NAND は、従来の NAND フラッシュメモリーよりも密度とコストの向上を提供し、SLC または TLC ドライブよりも GB あたりの優れたコストを提供します。 ソリダイム670p により、ユーザーは革新的な静的およびダイナミック SLC キャッシュで、SLC タイプの速度とパフォーマンスの向上を実現することができます。 ソリダイム670p は、耐用年数を通じて毎日 100 ギガバイト以上を書き込む機能など、高いレベルの実環境での耐久性を提供し、最も厳しいユーザー要求にも十分応えることができます。 ソリダイムのエンジニアは、ソリダイム670p が、混合ワークロードを評価する実環境のベンチマークで優れたパフォーマンスを発揮し、多くの場合、競合する SSD のパフォーマンスを上回っていることを実証しました。 さらに、ソリダイム670p は、すべてのベンチマークで一貫して HDD を上回り、SSD テクノロジーへの投資が、アプリケーションの応答時間を高めることで、生産性の向上の役立つことを証明しています。

詳細については、intel.com/content/www/us/en/products/detail/memory-storage/consumer-ssds/6-series.html (英語)を参照してください。

¹ ソリダイムは、現在、この SSD のインテル® 製品ブランドを保持しています。

²インテル®。 「インテル® ソリッドステート・ドライブ 660p と 670p シリーズ製品仕様」http://ark.intel.com/content/www/us/en/ark/products/series/213704/intel-ssd-6-series.html (英語)。³ PCMark Quick System Drive ベンチマークの実環境のトレースとスコアの仕組みについては https://support.benchmarks.ul.com/en/support/solutions/articles/44002171471-quick-system-drive-benchmark (英語) を参照してください。 ⁴ PCMark Full System Drive ベンチマークのリアルワールド・トレースとスコアリング・メカニズムに関する詳細な説明は、https://support.benchmarks.ul.com/en/support/solutions/articles/44002171465-full-system-drive-benchmark を参照してください。 5 ソリダイムのエンジニアは、CrystalDiskMark リアルワールド・パフォーマンス・プロファイルを使用し、リード(+mix)テストを実施し、すべてのディスクにデフォルト設定を使用し、NVMe SSD にはNVMe SSD の設定を使用しました。 6 MobileMark 2018 キャリブレーション・システムには、レノボ ThinkPad T480s を使用しています。この端末の仕様:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー (4 コア、8 スレッド、6MB キャッシュ、1.60~3.40GHz)、14.0 インチ 1920x1080 IPS アンチグレア・ディスプレイ、250 nit; 8GB DDR4 2,400 MHz (シングルチャネル 1 x 8GB) メモリー、インテル® UHD グラフィックス 620 内蔵、Windows 10 Pro x64 バージョン 1803、256GB M.2 NVMe Samsung SSD、3 セル・リチウムイオン 57 Wh バッテリー、インテル® Dual Band 8265 Wireless AC (2 x 2)、およびインテル® vPro® テクノロジー搭載の Bluetooth 4.1。 このシステムには最新のオペレーティング・システムをインストールしています。 7 BAPCo MobileMark 2018の手法と結果の詳細については、https://bapco.com/wp-content/uploads/2019/10/MobileMark_2018_White_Paper_v1.1.pdf を参照してください。 8 Adobe Photoshop では、22.4MB の basics_fundamentals の練習用サンプルファイルを使用しました。 Adobe Lightroom では、サンプルファイルは 12.3MB の get-started-lightroom-cc です。 Adobe Premiere Pro では、713MB の import-file-directly サンプル・プロジェクトを使用しています。 結果は、停止時間から起動時間を引いて求めています。 テストで使用したファイルの詳細については、次のサイトからご覧ください:https://helpx.adobe.com/photoshop/how-to/ps-basics-fundamentals.html、 https://helpx.adobe.com/lightroom-cc/how-to/get-started-lightroom-cc.html および https://helpx.adobe.com/premiere-pro/how-to/import-file-directly.html?playlist=/services/playlist.helpx/products:SG_PREMIEREPRO_1_1/learn-path:key-techniques/set-header:import-media/playlist:topic/en_us.json&ref=helpx.adobe.com。 Microsoft Word では、700KB の Welcome to Word.docx ファイルを使用しました。 Microsoft Excel では、406KB の Financial Samples.xlsx ファイルを使用しました。 Microsoft PowerPoint では、21.6MB の Heavy Equipment Sales.pptx ファイルを使用しました。 結果は、停止時間から起動時間を引いて求めています。 実際の性能は使用状況、構成、その他の要因によって異なります。 詳細については www.Intel.com/PerformanceIndex (英語) を参照してください。性能の測定結果は構成で示されている日付に実施されたテストに基づいており、現在公開中のすべてのアップデートが適用されているとは限りません。 構成の詳細については、補足資料を参照してください。 絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。 実際のコストと結果は状況によって異なる場合があります。 インテルのテクノロジーを使用するには、対応したハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。 © Intel Corporation. Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。 その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。